top of page
cf×chalifeロゴ.png
cfTEAロゴ.png

ハーブ緑茶の淹れ方

水出しの淹れ方

淹れ方①.jpg

STEP.1

きれいに洗った容器(ボトルや冷茶ポットなど)を用意し、ハーブ緑茶の茶葉を量ります。

●茶葉の量の目安

水分補給として飲む場合:100ccのお水に対して1gの割合。

スイーツや料理に合わせて飲む場合:100ccのお水に対して1.5gの割合。

(濃さはお好みで調整してください。)

淹れ方②.jpg

STEP.2

茶葉とお水を容器に入れます。

●お水に関する注意

極端に硬度が低いor高いお水や、アルカリイオン水などの特殊なお水の場合、ハーブや緑茶の色、香り、味わいが出にくくなる(又は出過ぎる)場合があります。

淹れ方③.jpg

STEP.3

冷蔵庫で8時間ほど冷やします。

(12時間以上置くと、苦渋みが出ることがあります。)

●なぜ8時間置くのか?

免疫力を上げるエピガロカテキンや、リラックス成分であるテアニンが、十分に抽出されるのが8時間なのです。(検証済)

淹れ方④.jpg

STEP.4

冷蔵庫から容器を出し、やさしく1~2回容器を傾け(又は水平方向に回し)、水と茶葉を撹拌します。​(こぼれないよう注意。)

淹れ方⑤.jpg

STEP.5

容器内の茶葉をこして出す。

(茶葉を浸したままにしてしまうと苦渋みが出るので、抽出後は茶葉をこして

 おくことをおすすめします。)

​※茶葉をこしたハーブ緑茶は冷蔵庫で保管し、1~2日で飲み切ってください。

お湯出しの淹れ方

Photoroom_20240321_143440.JPG

STEP.1

ティーポットなど耐熱性の容器を用意し、ハーブ緑茶の茶葉を量ります。

●茶葉の量の目安

○水分補給として飲む場合:100ccのお湯に対して1gの割合。

○スイーツや料理に合わせて飲む場合:100ccのお湯に対して1.5gの割合。

※濃さはお好みで調整してください。

STEP.2

茶葉とお湯を容器に入れ、1分半~2分ほど抽出します。

※長く抽出するほど、濃く渋味のある味になります。

●お湯の温度に関する注意

○80℃~90℃

 全体的にすっきりとした、やや渋味のある味わいになります。

○70℃

 旨味やまろやかさのある味わいになります。

●お水に関する注意

極端に硬度が低いor高いお水や、アルカリイオン水などの特殊なお水の場合、ハーブや緑茶の色、香り、味わいが出にくくなる(又は出過ぎる)場合があります。

STEP.3

容器内の茶葉をこしてティーカップ等に注ぐ。

※​お湯で抽出したハーブ緑茶は、水出ししたハーブ緑茶よりも酸化が早く進むため、なるべくお早めにお召し上がりください。

マインドフルテイスティングロゴ.png
bottom of page